" />

お問い合せ
CONTACT
HOME > blog > ユニットCの事業提案「CROSS」/第6回リノベーションスクール@浜松

ユニットCの事業提案「CROSS」/第6回リノベーションスクール@浜松

facebook
twitter

第6回リノベーションスクール@浜松の最終プレゼン内容をまとめたブログ記事シリーズ。今回はいよいよ最後のチーム、ユニットCの提案プランです。

 

紺屋町の交差点に位置する二階建て物件がユニットCの対象物件。不動産的には有利と言われる角地にありながらも、空き物件になってしまっています。

しかし、徒歩300m圏内には図書館や神社、公園があり、もう少しエリアを広げると浜松市役所や浜松城公園、鴨江アートセンターなどの公共施設が充実している魅力的なエリアです。

まちの価値となる老舗や施設があるのに使いこなせていない点、外からの転入者と昔から住む人たちとの繋がりが希薄になっている点から、今はバラバラになってしまっているエリアの価値を繋ぐ事業プランを考えます。

それが、人と人が交わる直火焼ホットサンド専門店『CROSS』。
紺屋町の紋を反転させたデザインをロゴに加え、もともと染物商のまちだった町のルーツになぞらえて、藍色をテーマカラーに設定しました。

1階で展開するのは、自分で焼くスタイルのホットサンド専門店。焼きあがるまでの「待ち時間」が自然なコミュニケーションタイムとなります。お客さん同士で会話が生まれ、情報交換する場を作ることで、このエリアの知らない価値に気づいてもらう効果を狙っています。

 

また、徒歩圏内に公園があっても、お持ち帰りできる飲食店が少ないことから、テイクアウト需要もあると想定。お店の運営は飲食店を営むユニットメンバーと、少しの時間だけ働きたいママ層で計画しました。

 

2階部分では質の高い講師を集めた会員制のワークショップを開催。ファンを増やしつつ安定した収入源にもつなげる予定です。1階の直火ホットサンド店でできた交流の輪と2階で行う質の高いワークショップが良い影響を与え合い、このエリアの魅力がさらに向上していくことが目標です。

 

「偶然を必然に」

人と人が交わり、それぞれの得意分野や強み、情報を交差させることで、まちの期待値を上げる新たな化学変化を起こす『CROSS』の事業プラン。

既に12月9日(日)に開催した『浜松サザンクロスほしの市』にホットサンド専門店として出店するなどスピーディーな動きを見せています。今後の展開に注目が高まりますね。

 

【現在、参加申込受付中!】

「第2回不動産Re活用トレーニング」

◆日時/平成31年2月15日・16日(両日9時~17時)

◆場所/肴町公会堂(浜松市中区肴町316-3)

◆参加費/無料

◆受講資格/遊休不動産活用の事業化に向けて検討をしている方。チーム単位で参加できる方(一人で事業を実施する予定の方はご相談ください)。原則2日間参加できる方。

◆お問い合わせ先/浜松市役所市街地整備課 Tel:053‐457‐2342

◆申込方法/代表者が下記申込フォームより申込。※エントリーシート等を浜松市よりメールでお送りします。

第2回不動産Re活用トレーニング申込フォーム

facebookでシェア!