お問い合せ
CONTACT
HOME > blog > 【私のリノベーションスクール体験談@浜松】 File.5 亀井 暁子さん

【私のリノベーションスクール体験談@浜松】 File.5 亀井 暁子さん

facebook
twitter

「リノベーションスクールに参加すると、どうなるの?」
そんな方に読んでもらいたいリアルな体験談です。
【私のリノベーションスクール体験談@浜松】
File.5
亀井 暁子さん
(静岡文化芸術大学 デザイン学部 准教授)

第1回・第2回リノベーションスクールの
サブユニットマスターとしてご参加いただき、
家守構想策定にも携わってくださった亀井さん。
学生参加を促す立場として、
リノベーションスクールについて感じたことをお話いただきました。
Q1.リノベーションスクールに関わったきっかけは?
私が勤務する大学の学生が、
スクール生として、さらに事務局として参加させていただきました。
第1回のテーマは「まちにダイブせよ」というもので、
学生たちに、大学の外、まちの中という現実のフィールドで
実際の課題に取り組んでもらいたいという思いがありました。
Q2.リノベーションスクールに参加した学生が得られるものは?
浜松の将来を担う魅力的な社会人の方々と、
ともに課題に取り組む機会を得ることで、
学生にも、たくましく課題解決に取り組む
総合力が身に着いたと思います。
なかなか得られない体験です!
Q3.どんな学生にリノベーションスクールに参加してもらいたいですか?
世の中は、若い声を求めています!
「浜松がもっとこうなったらな…」という思いがある人、
地域の課題に興味のある人、
自分のスキルを社会人の中で試してみたい人など、
いろんな動機があっていいと思います。
何でも、思うところがある人は、ぜひ参加してみて下さい!

Q4.リノベーションスクール裏話

全国で活躍するユニットマスターから、
浜松に対する本音を聞ける瞬間は、
地元メンバーにとって、新しい世界が見える、
貴い瞬間です。
これは、プレゼン前の追い込みなど、
長い時間を共有すると訪れるかもしれません・・・!
乞うご期待です!
Q5.浜松のまちがどう変わってほしいですか?
若者も街歩きを楽しめる、
生き生きとした街に!

facebookでシェア!