" />

お問い合せ
CONTACT
HOME > blog > ユニットAの事業提案「尾張町の水回り」/第6回リノベーションスクール@浜松

ユニットAの事業提案「尾張町の水回り」/第6回リノベーションスクール@浜松

facebook
twitter

11月に開催した第6回リノベーションスクール。

今日は、3つのチームに分けられた受講生たちが
ユニットマスターとともに3日間で考え抜いた事業内容をご紹介します。

まずはユニットAの事業プラン
「尾張町の水回り」

 

対象物件は尾張町にある元・洋服店。
物件の北側部分はオーナー様の生家です。

店舗の裏には庭や倉庫もあり、
1Fと2Fで異なる雰囲気を持っていました。

 

今は空き家が増えて高齢化が進んでしまっていますが、
尾張町はもともとは職人の町。
米屋や傘屋など専門職のお店が多数軒を連ねていました。

そして、周辺エリアに目を向けると、
駅や病院、市役所や浜松城公園などが近くにある
とても住みやすい町。

しかも、この界隈はクリエイターたちが
多数暮らしている場所であることに気づきました。

 

そこで、
「尾張町の水回り」と題して
シェア型のシャワーや総菜デリ、共有の庭を作ることを提案。

空き家を貸したくても
水回りの工事まで手掛けるとなると
初期費用がかさみますが、
「尾張町の水回り」がその部分を担当することで
他の空き家でも借り手がつく可能性を考えています。

UNITAのプランは
町全体を大きな家のようにとらえた
提案となりました。

 

 

最後に映し出された
ユニットAが目指す「まちの将来」には
以下の言葉が綴られていました。

 

「まちの将来」

まち全体が家であり、
空き家は寝室のような使い方ができるようになる。

居住者を増やしつつ、安心できる街にする。
面白い人材が増えるまちへ。

 

同じ水回りを共有する人たちが
自然と繋がり、地域での交流も生まれる、
そんな未来を見てみたいですね。

 

 

【現在、参加申込受付中!】

「第2回不動産Re活用トレーニング」

◆日時/平成31年2月15日・16日(両日9時~17時)

◆場所/肴町公会堂(浜松市中区肴町316-3)

◆参加費/無料

◆受講資格/遊休不動産活用の事業化に向けて検討をしている方。チーム単位で参加できる方(一人で事業を実施する予定の方はご相談ください)。原則2日間参加できる方。

◆お問い合わせ先/浜松市役所市街地整備課 Tel:053‐457‐2342

◆申込方法/代表者が下記申込フォームより申込。※エントリーシート等を浜松市よりメールでお送りします。

第2回不動産Re活用トレーニング申込フォーム

facebookでシェア!