お問い合せ
CONTACT
HOME > blog > 天竜の『山ノ舎』がリニューアルオープン。 おもしろいコトが生まれる‟繋がる場”に!

天竜の『山ノ舎』がリニューアルオープン。 おもしろいコトが生まれる‟繋がる場”に!

facebook
twitter

第1回リノベーションスクール@浜松の
卒業生でもある中谷明史さんが
2015年に天竜区にオープンさせた『Kissa&dining 山ノ舎』。

6月14日、リニューアルオープンしたと聞き、
早速取材に行ってきました!

外観からは大きな変化は感じませんが、変わったのは、その中身。

1階スペースを奥まで広げ、1、2階で展開していたカフェが1階に集約されていました。

▲増設した1階カフェ部分。右手奥の空間は半個室のような落ち着いたスペースです。

▲「繋がり」をテーマにしたカウンター。天竜のイノシシ革や中田島砂丘で見つけた流木などでディスプレイ。

 

では、2階は
どうなっているのか?

 

 

2階は‟会員制のシェアスペース”として
生まれ変わっていました!

▲2階のシェアスペース。夏頃にはロフトを作る計画もあるそう。

 

シェアスペースと言っても、仕事だけを目的としたコワーキングスペースとはちょっと違います、と中谷さん。

「仕事をしても、本を読んでも、ぼーっと考えごとをしてもいい。家のリビングのように何をやってもいい自由な場所なんです」。

だから、この場所をあえて‟シェアリビング”と呼んでいるんですね。

このシェアスペースの名前は『ニカイ』。
既に利用者も半分以上決まっていて、
不動産、広告代理店、ライター、カーディーラーのほか、
木こり、養蜂家、高校教員…と職種もさまざま。
これまで『山ノ舎』を経営してきて繋がった人が自然と利用者になっていったそうです。

 


「もともと自分は飲食店がしたかったわけじゃないんです。場をつくることがしたかった。『ニカイ』が新しい仲間や刺激と出会える場所となり、やりたかったコトやおもしろいコトを実現できるきっかけになるといいですね。まだ空きはありますので、ご興味ある方はぜひお問合せください。特に学生や女性は大歓迎ですよ!」

『ニカイ』のロゴマークや利用ルールを決める話し合いから会員に入ってもらい、みんなで一緒に作りあげる過程ごと楽しんでもらっているそうです。

何かやってみたいことがある人、新たな繋がりを求めている人、一度山ノ舎を訪れてみてはいかがですか?

そうそう!学生さんにはシェアリビング学割制度もあるそうですよ。

▲天竜お惣菜定食/天竜のイノシシ肉を食べやすいパテにしたパテドカンパーニュとヤマチョウ豆腐店の豆腐を使った塩豆腐、旬の野菜がのった天竜三昧のランチプレート。

 

Kissa&Dining 山ノ舎

浜松市天竜区二俣町二俣1283-1
TEL/0539-25-1720

休/月曜、火曜、水曜
営/11:00~17:00、19:00~24:00(夜の営業は金曜、土曜のみ)

※最新情報はInstagramまたはFacebookをご覧ください。
●Instagram ID @yamanoiee
●FACEBOOKページ https://www.facebook.com/kissa.yamanoie

 

 

 

 

■■■現在、参加申込受付中!■■■

大好評だった第1回リノベーションまちづくりトークに引き続き、今月7月26日(木)19時~第2回リノベーションまちづくりトークを開催します。会場は『エニシア』。ゲストスピーカーは、浜松市出身で、アンティーク家具とカフェとリノベーションデザインのお店「アパートメントストア」を経営する日内地謙さんと、かつて浜松のインキュベーション施設「Hi-Cube」を立ち上げ、現在は起業家向けの学びと実践の場を企画・運営、新たなコミュニティづくりに尽力する岡田恵実さんです。

テーマは「新しい活動の始め方」。参加無料で先着順となりますので、ぜひ以下の申込フォームよりお早めにお申し込みください。

第2回トーク参加申込みフォーム

facebookでシェア!