お問い合せ
CONTACT
HOME > blog > 9/9「第2回リノベーションまちづくりトーク」開催レポート

9/9「第2回リノベーションまちづくりトーク」開催レポート

facebook
twitter


9月9日(土)、
愛知県岡崎市からゲストスピーカーを
お招きして開催した
「第2回リノベーションまちづくりトーク」。
お話を伺ったのは
リノベーションスクールを受講し、
その時のプランを事業化させた
『wagamama house』の中根利枝さんと、
リノベーションまちづくりを進めながら、
自らも空き店舗を借りて活動している
岡崎市役所の小川貴之さんです。

「使う方も使わせる方も慣れが必要」と小川さん。
さまざまな社会実験を繰り返しつつ、
自ら市役所の仲間と遊休不動産を借りて、
人と人との繋がりが生まれる場所
『岡崎市空き店舗撲滅運動ここ de やるZone-ここやる- 』
運営しているお話を聞き、
強い想いをもって自らチャレンジを続けることで、
多くの人を巻き込むパワーが生まれると感じました。

また、
「スクール後、
事業化するまでは毎日泣いていました」

正直な気持ちを語ってくださった
『wagamama house』の中根さん。

子育て中のお母さんということもあり、
事業化への不安のほか、
家庭とのバランスなど様々な葛藤があったそうです。
でも、
そんな中根さんの心を突き動かしたのは
「逃げ続ける人生はイヤだ」という想いと
ご家族のサポート。
母親業を完璧にすることよりも、
自分自身が心地よく
ワクワクして過ごす方が
家族の幸せに繫がると気づいたそうです。

「こうあるべき!より、
その場が楽しい方を」
「無理せず、
やれるかも?のラインを大切に」
「リノベーションまちづくりは
プラスαの幸せを増やすもの」

欲しい暮らしを自ら作り出した
中根さんの口から出る言葉は
どれも心に響き、
多くの共感を呼びました。
▼▼▼次回のイベントはコチラ▼▼▼

【第9回 リノベーションシンポジウム@はままつ】
あの『東京R不動産』馬場正尊さんを
ゲストに招いてお話を伺います。
■日時/2017年9月25日(月)18:30~20:00
※受付開始は18:00~
■参加費/無料
■会場/浜松こども館 分室「ここ・い~ら」
(ザザシティ浜松中央館5F)
■申込/re-hama@chunichi-adnet.co.jp に
メールを送信してください。
送信の際は、名前(ふりがな)、
性別、年齢、職業、メールアドレスを記載のうえ、
件名に「第9回リノベーションシンポジウム@はままつ」と明記してください。

facebookでシェア!