お問い合せ
CONTACT

はまリノ応援団


浜松のリノベーションまちづくりを支える、町のキーマンを紹介します。

■ 01 三米アトリエ 三浦京子さん

病院での介護など命と向き合う出来事をきっかけに「悔いのない人生を送りたい」と
思うようになったと語る三浦さん

オーナー自身が楽しみながら
育てる気持ちが大切。

まちなかで海産物小売店『丸喜屋商店』を営みつつ、隣接する風情ある建物『三米アトリエ』を活かしてさまざまな講座やイベントを企画する三浦京子さん。だし教室からアート展、コンサートまでその内容は多岐にわたる。「自分自身が楽しみながら場を開くと、想いのある人と繋がれる」と話す三浦さん。魅力ある人を発掘し、チャレンジの機会を提供している。

浜松リノベーションまちづくりとの関わり
第1回リノベーションフェスタ@浜松にてゲスト出演 2016年2月開催
まちづくりトークにてゲスト出演 2017年9月開催

「この場所は絶対なくさないでくださいね」と若手建築家に言われた一言で、
重荷に感じていたこの建物が宝物だと気づいたそう。

食育インストラクターでもある三浦さん。
食の大切さを伝える料理教室は人気で遠方からの参加者も多い

リノベまちづくりに関わる第一歩!

三米アトリエ以外にも、鴨江アートセンターやカギヤビルなどまちなかでは随時おもしろい企画が開催されています。気になるイベントやワークショップを見つけたら、気軽に参加してみましょう。

(三米アトリエ・三浦京子さん)

三米アトリエ

TEL.053-452-1713(丸喜屋商店)
浜松市中区肴町314-23 
http://sanyone.hamazo.tv/

■ 02 KJスクエアビル 檀和男さん

「苦しい時期を支えるのは『好き』という気持ち。
5年、7年と続けていくといいことがある」と笑う檀さん。

リノベーションスクールは
まちなかに目を向けてもらう
きっかけのひとつ

物件オーナーの立場から浜松のリノベーションまちづくりに関わる檀和男さん。自らも好きなことを仕事にしようと約20年前にジャズバー『ハァーミットドルフィン』をオープンさせた経験から、店を続ける大変さにも理解を示す。「スクールはまちに関心を持ってもらうきっかけのひとつ。小さくてもこだわりのあるお店が増えてくれれば」と期待を寄せる。

浜松リノベーションまちづくりとの関わり
第2回リノベーションスクールにて物件提供(KJスクエアビル) 2014年10月開催
第1回リノベーションフェスタ@浜松にてゲスト出演 2016年2月開催

多くのアーティストや音楽ファンに愛される同店。
「音楽のまち」としての浜松をひっぱるパイオニア的存在だ。

リノベまちづくりに関わる第一歩!

自分サイズで小さく始めたい人、大きくビジネスを展開したい人、いろんな人がいていい。自分が目指すものを明確にしてリノベーションスクールに参加してみみては?

(KJスクエアビル・檀和男さん)

Hermit Dolphin (ハァーミットドルフィン)

浜松市中区田町326-25 KJスクエア2F
TEL.053-451-1807
[営] 19:30〜23:30
[休] 日曜、祝日
http://www3.tokai.or.jp/hermitdolphin/

■ 03 365BASE 古橋啓稔さん

浜松にはない新しい価値の創造に積極的に取り組まれている古橋さん。

リノベーションスクールはプレイヤーのインキュベーション。
一緒に浜松を盛り上げよう

元社員寮をリノベーションし、ゲスト交流型シェア住居複合施設を運営する古橋啓稔さん。自然豊かな浜松の魅力に注目し、アウトドアをコンセプトにしている。第1回リノベーションスクール@浜松に受講生として参加後、現在はユニットマスターを務める古橋さん。事業者、不動産会社、様々な立場から浜松のリノベーションまちづくりを盛り上げている。

浜松リノベーションまちづくりとの関わり
第1回リノベーションスクールに受講生として参加 2015年1月開催
第5回リノベーションスクール@浜松でユニットマスターを務める 2017年11月開催
第6回リノベーションスクール@浜松でユニットマスターを務める 2018年11月開催
家守構想推進協議会の会長を務める 2019年5月

施設内には充実したパブリックスペースが設けられ、ゲスト同士の交流が生まれている。

365BASE

浜松市中区曳馬2-1-25
TEL.053-544-4338
不動産のセレクトショップ 365LIFE
365BASE outdoor hostel